何かと使える極意記事
IPO口座アクセスranking
証券会社の豆知識
SBI証券のIPOルール等
SBI証券のIPO詳細①
SBI証券のIPO詳細②
SBI証券のIPOポイント編
SBI証券のPTS取引編
SBI証券のジュニアNISA編
SBI証券の米国株式と貸株サービス
SBI証券でIPOをはじめるポイント
SBI証券の一般信用取引で株主優待取得
SBI証券の個人型確定拠出年金401k

マネックス証券のIPOルール等
マネックス証券のIPO
マネックス証券の端株取引
マネックス証券は100%抽選?
IPO配分が完全抽選なのか調べた結果
マネックス証券iDeCo

カブドットコム証券のIPO等
カブドットコム証券のIPO(新)
カブドットコム証券のIPO
カブドットコム証券の使い方①
カブドットコム証券の使い方②

SMBC日興証券のIPOルール
SMBC日興証券のIPO①
SMBC日興証券のIPO抽選②

東海東京証券のIPOルール
東海東京証券のIPO①
東海東京証券のIPO②

ライブスター証券のIPOルール
ライブスター証券は前受金不要でIPO抽選可能 new008_12.gif
ライブスター証券のIPO口座を開設

楽天証券のIPOルール
楽天証券のIPO当選ルール new008_12.gif
楽天証券の個人型確定拠出年金DC

岡三オンライン証券IPOルール
岡三オンライン証券IPO
岡三オンライン証券IPO取扱実績

GMOクリック証券IPOルール
GMOクリック証券のIPOルール
GMOクリック証券は平等抽選!

むさし証券のIPOルール
むさし証券IPO抽選ルール詳細
むさし証券のIPOルール
むさし証券2014年取扱い銘柄

立花証券のIPOルール
立花証券のIPO抽選ルール new008_12.gif
1口座1抽選の完全平等抽選

岩井コスモ証券のIPOルール
岩井コスモ証券は平等抽選の後期型
後期型IPO申込採用の証券会社

東洋証券のIPOルール
東洋証券のIPO抽選ルール前受金

■ 丸三証券のIPOルール
丸三証券のIPO抽選ルール

■ 松井証券のIPOルール
松井証券のIPO抽選ルールと一般信用

■ エイチ・エス証券のIPOルール
エイチ・エス証券がIPO①
エイチ・エス証券がIPO概要②

■ 安藤証券のIPOルール
安藤証券ネット口座IPO①
安藤証券のIPO抽選ルール②

■ 野村證券のIPOルール
野村證券のIPOルール

■ 大和証券のIPOルール
大和証券ダイレクト口座IPOルール
大和証券のIPOルール

■ みずほ証券のIPOルール
みずほ証券のIPOルール

■ SMBCフレンド証券IPO抽選ルール
SMBCフレンド証券のIPO抽選ルール

■ 三菱UFJモルガン・スタンレー証券のIPOルール
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のIPO抽選ルール
IPO情報サイト
お勧め記事
IPO関連情報サイト
ご注意

掲載された内容は正確さを保証するものではありません。 投資判断は必ず自己責任でお願い致します。家族によるIPO当選も一部ありますので参考程度にお考えくださいませ。(当ブログは2007年より更新しております)

グッ 最新キャンペーンを更新させて頂いています    当サイト特典一覧はこちらへ 

岡三オンライン証券IPO
前受金不要でIPO抽選に参加が出来る企業!
5万円入金で5,000円キャッシュバック特典付き

詳細はこちらのページでご確認ください♪
12月31日まで
new008_12.gif
IPO抽選が口座ごとに行われる完全平等抽選
採用、預入資金に関係がない抽選なんです!

①IPO獲得方法 ②完全平等抽選は本当?

総合口座開設+各種お取引で
最大100,000円をプレゼント中!

①IPO獲得方法 ②なぜSBI証券が必要なのか?
11月30日まで
口座開設+各種取引などで
最大90,200円相当
をプレゼント中!
IPO獲得方法詳細記事はこちら
11月30日まで
主幹事取り扱い実績が業界TOP水準です
幹事実績多数!IPOをするなら必要です

毎年IPOに当選している企業なんです!
12月31日まで

ライブスター証券タイアップ  インヴァスト証券タイアップ
⇒ ライブスター証券タイアップ開始!    ⇒ シストレ24特典で今だけ13,000円UP!

チェック青 東海東京証券のIPO抽選ルール詳細⇒ IPO幹事多数引受け実績あり!!
チェック青 SBI証券で個人型確定拠出年金(個人型401k)の運用が出来ます! iDeCo


■ ブックビルディング表は、随時更新させて頂いております。  
上場 銘 柄 BB期間 想定価格 仮条件
(公開価格)
管理人 BBスタンス 予想 吸収金額
(市場)
11/21 サインポスト 11/02-11/09 2200円 2000-2200
(2200円)
参加
IPO初値予想と分析 約7.8億円
(マザーズ)
11/28 ポエック 11/09-11/15 670円 670-750
(750円)
参加
IPO初値予想と分析 約3.6億円
(JQS)
11/28 幸和製作所 11/10-11/16 3220円 3220-3520
(3520円)
参加
IPO初値予想と分析 約9.6億円
(JQS)
11/28 クックビズ 11/10-11/16 2070円 2070-2250
(2250円)
参加
IPO初値予想と分析 約10.1億円
(マザーズ)
11/29 トレードワークス 11/09-11/15 2000円 2000-2200
(2200円)
参加
IPO初値予想と分析 約4.8億円
(JQS)
12/07 アトリエはるか 11/17-11/24 1400円 1250-1400
参加
IPO初値予想と分析 約0.8億円
(セントレックス)
12/12 一家ダイニングプロジェクト 11/27-12/01 2250円 11/24
参加
約6.5億円
(マザーズ)
12/12 カチタス 11/27-12/01 1640円 11/26
参加
約378億円
(東証)
12/13 SGホールディングス 11/27-12/01 1580円 11/24
参加
約1244億円
(東証)
12/13 ヴィスコ・テクノロジーズ 11/27-12/01 4820円 11/22
参加
約11億円
(JQS)
12/13 マツオカコーポレーション 11/27-12/01 2420円 11/24

約45.8億円
(東証)
12/13 グローバル・リンク・マネジメント 11/28-12/04 2320円 11/27
参加
約9.8億円
(マザーズ)
12/14 アルヒ 11/28-12/04 1340円 11/27
参加
約256億円
(東証)
12/14 エル・ティー・エス 11/29-12/05 630円 11/27
参加
約4.7億円
(マザーズ)
12/15 HANATOUR JAPAN 11/29-12/05 2580円 11/27
参加
約75.7億円
(マザーズ)
12/15 イオレ 11/29-12/05 1780円 11/27
参加
約5.2億円
(マザーズ)
12/18 ジーニー 11/30-12/06 1220円 11/28
参加
約18.4億円
(マザーズ)
12/18 ナレッジスイート 11/30-12/06 2000円 11/28
参加
約6.8億円
(マザーズ)
12/18 すららネット 11/30-12/06 2040円 11/28
参加
約5.3億円
(マザーズ)
12/18 歯愛メディカル 12/01-12/07 3210円 11/30
参加
約35.3億円
(JQS)
12/19 みらいワークス 12/01-12/07 1590円 11/29
参加
約3.8億円
(マザーズ)
12/20 オプトラン 12/05-12/11 1460円 12/01

約120.9億円
(東証)
12/20 森六ホールディングス 12/04-12/08 2610円 12/01

約102億円
(東証)
12/21 プレミアグループ 12/05-12/11 2260円 12/04

約125.8億円
(東証2)
12/22 ミダック 12/05-12/11 1250円 12/01
参加
約4.8億円
(名証2部)
※BBスタンス説明 「×は公募割れ」 「△は初値の0.7~1.3倍程」 「○は1倍~2倍程」 「◎は2倍超」 を予想します。情報は管理人の考えであり責任は持ちません。(予想は目安としてお考えください)

■ IPO獲得情報を活用してIPOをGET! 【人気IPO企業+α】  
 マネックス証券  引受株数のほぼ全数を完全抽選する口座毎の平等抽選 ⇒ IPO獲得方法へ
 東海東京証券  IPO主幹事も務める企業でIPO取扱いも豊富な企業 ⇒ IPO獲得方法へ
岩井コスモ証券 IPO取扱いがかなり豊富な穴場証券的な存在! ⇒ IPO獲得方法へ
 SMBC日興証券  ネット口座でも当選者が多い企業で幹事多数! ⇒ IPO獲得方法へ
 ライブスター証券  IPO抽選に前受金不要で参加可能!今後の取扱に期待 ⇒ IPO獲得方法へ
 岡三オンライン証券 IPOに入金不要で抽選に参加できる キャンペーン! ⇒ IPO獲得方法へ


↓↓↓最新記事はここからになります↓↓↓


ミダック(6564)IPO新規上場承認 | 名古屋証券2部で岡三証券だ
ミダック(6564)IPOが新規上場承認されました。

トレードワークス(3997)とアトリエはるか(6559)に続いて岡三証券が主幹事をします。
地方証券も岡三オンライン証券で取り扱いが行われることが分かったため、ミダックも取り扱いが行われるでしょう!


ミダック(6564)IPO新規上場承認


業種:サービス業
市場:名古屋証券取引所2部
公開予定:12月22日
BB期間:12月05日~12月11日


【事業内容】
当社グループは、廃棄物の適正処理を通じて循環型社会の確立を目指す企業集団であり、「ミダック」の社名は、環境を象徴する水、大地、空気の頭文字に由来いたします。かけがえのない地球を美しいまま次代に渡すことを使命とし、その前線を担う環境創造集団を目指して、事業者の廃棄物処理・管理等に関するソリューション事業を手掛けております。

まとめると⇒ 産業廃棄物の収集運搬、中間処理、最終処分一般廃棄物の収集運搬、中間処理



【資金使途】
手取概算額203,300千円及び「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限57,270千円については、平成30年3月期における廃棄物処分事業の富士宮事業所の修繕費に50,000千円、平成31年3月期における廃棄物処分事業の本社事業所の水処理設備に42,320千円、富士宮事業所の焼却破砕設備に77,900千円、修繕費に22,490千円及び収集運搬事業の収集運搬車両に67,860千円充当する予定であります。修繕に関しては、設備の予防保全、故障防止及び耐用年数増加のためのものであり、設備投資に関しては、既存施設の更新及び設備新設であり事業基盤の保持及び拡大のために必要不可欠なものであります。



100株単位
公募株数 182,000株
売出株数 150,000株
合計株数 332,000株(3320枚)  ←少ないです


想定価格 1,250円 ⇒ 12.5万円必要!
仮条件  12月01日に決定予定
公開価格 12月12日に決定予定


【幹事団】
岡三証券  岡三オンライン証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券   ←完全平等抽選方式
安藤証券



ミダック(6564)上場評判とIPO分析


オーバーアロットメントによる売出し49,800株
想定発行価格1,250円を基に吸収金額を算出すると約4.2億円、オーバーアロットメントを含めると約4.8億円です。
ミダックHP⇒ http://www.midac.jp/


ミダック(6564)IPO初値予想 キムさんタイアップ_0529
↑クリックで拡大します      ⇒ 年末はFXデビューで食材と現金をGET  


ミダック(6564)評判


廃棄物処分事業、収集運搬事業、仲介管理事業の3つをグループで運営している企業です。
排出事業者から排出された廃棄物を処理施設において中間処理する業務であり、最終処分に先立って脱水、焼却、中和等により、減量化、性状の安定化等を行うそうです。


1.廃棄物処分事業としては、自社施設による廃棄物処理サービスを行っております。
2.収集運搬事業としては、廃棄物の収集運搬サービスを行っております。
3.仲介管理事業としては、処理業者への排出事業者紹介サービスを行っております。



廃棄物処分事業の売り上げが大きいようです。
目論見をみて気が付きましたが、株式会社ミダックはまな等の買収により発生したのれんが2,149,508千円あるそうです。現在のところ均等償却されているそうですが、業績によっては今後一気に償却される可能性もあります。
グループの固定資産が5,554,773千円なので一度の償却には額が大きいでしょうか。



ミダック(6564)従業員と株主の状況


会社設立1964年7月、静岡県浜松市東区有玉南町に本社を構えます。
社長は矢板橋一志氏(53歳)、株式保有率5.9%です。
従業員数は168人で平均年齢は42歳、平均勤続年数9.5年、平均年間給与約480万円となっています。


ミダック(6564)従業員と株主の状況 岡三オンライン証券タイアップ
↑クリックで拡大します     ⇒ 岡三オンライン証券で5,000円貰えます



ミダック(6564)のロックアップ状況と私見


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受けによる株式売出しに関連して、貸株人である熊谷裕之及び、売出人である熊谷勝弘、当社株主である株式会社フォンスアセットマネジメント、高橋由起子、矢板橋一志、武田康保、加藤恵子、髙田廣明、鈴木清彦、井上正弘、鈴木隆、山口晃生、越智雅彦、砂山伸治及び木村清子は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成30年6月19日までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却(ただし、引受人の買取引受けによる株式売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。

当社株主である名古屋中小企業投資育成株式会社、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社静岡銀行、浜松信用金庫、株式会社商工組合中央金庫、りそなキャピタル株式会社、日本アジア投資株式会社及び静岡キャピタル5号投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年3月21日までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受けによる株式売出し及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う名古屋証券取引所における売却等は除く。)を行わない旨合意しております。



ロックアップは90日間と180日間に分かれています。
ロックアップ90日間(平成30年6月19日)にはロックアップ解除倍率1.5倍が適用されます。


ベンチャーキャピタル保有株は少ないですが、名証2部上場のため数万株でも重いかもしれません。
業績は安定イメージですが、地方市場は流動性の問題があるため上場数日間だけ出来高が多くなるパターンでしょう。


当選は岡三証券からの申し込みに期待したいところですが、委託先の岡三オンライン証券の取り扱い銘柄がものすごく増えています。口座がある方はチェックしておきましょう。


岡三オンライン証券はIPO抽選に資金が要らない! 入金だけで5,000円貰える
岡三オンライン証券
岡三オンライン証券IPO   new008_12.gifnew008_12.gif

※岡三オンライン証券タイアップ詳細とIPO抽選詳細


IPO初値予想記事 | 【2017-11-17(Fri) 20:16:16】 | Trackback:(0) | Comments(-)
【設立101年は凄い】 森六ホールディングス(4249)IPO新規上場承認
森六ホールディングス(4249)IPOが新規上場承認されました。

設立101年とは驚きです。
IPO記事を書いて今までで一番の老舗企業ではないかと驚いています。
ただ驚きがここで終わらず、市場からの吸収額が102億円と大きかったです!


森六ホールディングス(4249)IPO新規上場承認


業種:化学
市場:東証1部又は2部
公開予定:12月20日
BB期間:12月04日~12月08日


【事業内容】
化学製品全般の販売を行うケミカル事業ならびに自動車四輪部品、二輪部品の製造販売を行う樹脂加工製品事業



【資金使途】
手取概算額3,004百万円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当による自己株式の処分の手取概算額上限1,251百万円と合わせた、手取概算額合計上限4,256百万円について、連結子会社である、Moriroku Technology De Mexico S.A. DE C.V.及び森六テクノロジー㈱への投融資に3,806百万円を、当社におけるシステム投資に450百万円を充当する予定であります。



100株単位
公募株数 1,228,000株
売出株数 2,172,000株
合計株数 3,400,000株(34,000枚)   ←かなり多い株数です


想定価格 2,610円 ⇒ 26.1万円必要!
仮条件  12月01日に決定予定
公開価格 12月11日に決定予定


【幹事団】
野村證券
SMBC日興証券
岡三証券
むさし証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
みずほ証券



森六ホールディングス(4249)上場評判とIPO分析


オーバーアロットメントによる売出し510,000株
想定発行価格2,610円を基に吸収金額を算出すると約88.7億円、オーバーアロットメントを含めて約102億円になります。
森六ホールディングスHP⇒ http://www.moriroku.co.jp/


森六ホールディングス(4249)IPO初値予想
↑クリックで拡大します      ⇒ 10%以上の利回り運用中です


森六ホールディングスIPO売上と利益


創業は寛文3年(1663年)に阿波徳島において、天然藍及び藍の肥料を販売したことに始まるそうです。
関係会社は、森六ホールディングス、国内外の連結子会社28社及び持分法適用関連会社1社により構成されています。化学分野における「商社」機能と、自動車部品の「メーカー」機能を併せ持つことを特徴としています。


事業は「ケミカル事業」と「樹脂加工製品事業」があります。
ケミカル事業では、森六ケミカルズを中心に、無機・有機薬品の基礎化学品から医農薬中間体、農薬・肥料、プラスチック、さらにはフィルム・シートの樹脂加工製品等、化学製品全般を取り扱っています。
また、四国化工㈱による高機能多層フィルムや、五興化成工業㈱によるケミカル合成等、「ものづくり」も展開しております。


樹脂加工製品事業では、森六テクノロジーを中心に、主に自動車四輪部品の開発から生産・販売まで一貫して行い、高品質・高性能な製品づくりが可能な生産拠点をグローバルに展開することで、強固な生産・開発体制を構築しています。また、ユーコウではエンジン気化器向け等、エンジニアリングプラスチックを用いた精密樹脂部品の製造・販売を行っています。


森六ホールディングスIPO販売実績


売上や利益は樹脂加工製品事業での売り上げウエイトが大きくなっています。
事業もグローバル化し、日本以外では、中国やASEAN、欧米や北米に生産や開発拠点があります。



森六ホールディングス(4249)従業員と株主の状況


会社設立は1916年3月、東京都港区南青山に本社を構えます。
社長は三輪繁信氏(69歳)、株式保有率は0.19%です。
従業員数は46人で平均年齢41.4歳、平均勤続年数12.1%、平均年間給与約726万円です。連結従業員数は4,311人で臨時雇用者数は1,338人となっています。


森六ホールディングス(4249)従業員と株主の状況
↑クリックで拡大します



森六ホールディングス(4249)のロックアップ状況と私見


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人である㈱三井住友銀行、㈱りそな銀行、㈱三菱東京UFJ銀行、三井住友信託銀行㈱、三井生命保険㈱、㈱みずほ銀行及び三井住友海上火災保険㈱並びに当社株主である三井化学㈱、三井物産㈱、本田技研工業㈱、㈱阿波銀行、関西ペイント㈱、テイカ㈱、住友ベークライト㈱、㈱アルファ、川澄化学工業㈱、

昭和電工㈱、大塚化学㈱、東亞合成㈱、アイカ工業㈱、大阪有機化学工業㈱、新日本理化㈱、ダイキン工業㈱、東京応化工業㈱、福助工業㈱、㈱ADEKA、共栄社化学㈱、タイガースポリマー㈱、東京インキ㈱、日亜化学工業㈱、日本乳化剤㈱、ロックペイント㈱、㈱アサヒペン、テクノポリマー㈱及び阿波銀リース㈱は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年3月19日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う売却等は除く。)を行わない旨合意しております。



ロックアップは90日間(平成30年3月19日)、ロックアップ解除倍率は1.5倍です。
株主は関係企業と思われる企業が多いようです。
ベンチャーキャピタル出資は無さそうですが、金融機関や保険機関などの保有があります。


社長の三輪繁信氏は目論見の「株主状況」に名前が無くこれも驚きでした。


12月20日上場になりオプトラン(6235)と被っています。
どちらも100億円以上の吸収となっていますが、悩んだらどちらもパスすれば損はしません。


2017年のIPOラッシュは大型株が多く悩むと思いますが、市場が崩れる前に上場なのだろうか?
もしくは来年に続く上場なのだろうか?
また、メルカリは来年IPOをするのかな~と考えています。


どうやら上場に向けてサービスを大きく変更しているようです。
逮捕者も出ましたからね。
さらに楽天もフリルというサービスを開始し、追撃モードのようです。楽天はオークションが無くなったのでフリルに?


ロボットアドバイザーが資産を自動で運用 30万円から投資可能になりました♪
⇒ Wealthnavi(ウェルスナビ)公式へ


※ Wealthnavi(ウェルスナビ)評判と運用実績まとめ! 【新しい投資先の発見】


IPO初値予想記事 | 【2017-11-16(Thu) 21:36:02】 | Trackback:(0) | Comments(-)
プレミアグループ(7199)新規上場承認 | 東証2部で野村證券引受け!
プレミアグループ(7199)が新規上場承認されました。

東証2部のVC売り抜け案件が登場しました。
上場に際して市場から吸収される金額が約125.8億円と巨額です。東証2部から東証1部を狙うと思いますが、1年以上は昇格まで掛かりますから別に初値で買う必要もないかと考えます(私見なので参考程度に)


プレミアグループ(7199)新規上場承認


業種:その他金融業
市場:東証2部
公開予定:12月21日
BB期間:12月05日~12月11日


【事業内容】
オートクレジットを中心としたファイナンス事業、ワランティ(自動車保証)事業、各種サービスの企画及び提供等を行う子会社及び関連会社事業の管理運営



【資金使途】
手取概算額121百万円については、連結子会社における設備資金のための投融資として2018年3月期に104百万円を、2019年3月期に17百万円を充当する予定であり、当該連結子会社においては、以下に充当する予定であります。

連結子会社であるプレミアファイナンシャルサービス株式会社におけるクレジットWeb受付システムの改修のための設備資金(主に開発人件費)として20百万円(2018年3月期)、営業管理システムの改修のための設備資金(主に開発人件費)として9百万円(2018年3月期)、コールセンターシステムの導入のための設備資金(主にソフトウェア費用)として15百万円(2018年3月期)、顧客管理システムの導入のための設備資金(主にソフトウェア費用)として18百万円(2018年3月期)
連結子会社であるプレミアリース株式会社におけるリースシステムの一次開発のための設備資金(主に業務委託費)として40百万円(2018年3月期)、リースシステムの二次開発のための設備資金(主に業務委託費)として17百万円(2019年3月期)

当該設備資金の充当により、新規事業の推進、顧客利便性向上によるクレジット取扱高の増加、業務効率向上による人員増加の抑制を目指します。



100株単位
公募株数 60,000株
売出株数 4,780,000株
合計株数 4,840,000株(48,400枚)   ←株数が多いため当選は容易でしょう


想定価格 2,260円 ⇒ 22.6万円必要!
仮条件  12月04日に決定予定
公開価格 12月12日に決定予定


【幹事団】
野村證券
大和証券
SMBC日興証券
SBI証券     ←SBI証券でIPOをはじめるための3つのポイント
いちよし証券
岡三証券
極東証券
東海東京証券
マネックス証券
みずほ証券



プレミアグループ(7199)上場評判とIPO分析


オーバーアロットメントによる売出し726,000株
想定発行価格2,260円を基に吸収金額を算出すると約109.4億円、オーバーアロットメントを含めて約125.8億円です。
プレミアグループHP⇒ http://www.premium-group.co.jp/


プレミアグループ(7199)IPO初値予想 立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション
↑クリックで拡大します       ⇒ 立花証券で最新の四季報が見れる


プレミアグループ(7199)上場評判とIPO分析



中古車小売店を中心としたオート取引先に対する複数サービスを提供している企業です。
提供商品にはオートクレジット、自動車ワランティ、整備サービス、鈑金サービス、新車仲介販売、オートコンシェルジュサービスなどがあり、取引関係を構築する仕組みをを「MULTI ACTIVE」と呼ぶそうです。


プレミアグループIPOの事業構築イメージ


ワランティ事業としてリクルートとの提携があり、自動車における物損や故障が発生したときに、保証の適用範囲内で無償修理が受けられるサービスを展開しています。
海外では、国内の既存事業であるクレジット事業やワランティ事業で培った知見をもとにサービスを展開しています。



プレミアグループ(7199)従業員と株主の状況


会社設立は2015年5月、東京都港区六本木に本社を構えます。
社長は柴田洋一氏(58歳)、株式保有率4.1%です。
従業員数は52人で平均年齢36.7歳、平均勤続年数5年、平均年間給与約630万円です。



プレミアグループ(7199)従業員と株主の状況
↑クリックで拡大します    ⇒ クラウドクレジット20万円投資で10%リターン



プレミアグループ(7199)のロックアップ状況と私見


【ロックアップの状況】
本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人であるAZ-Star1号投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の2018年3月20日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う売却等は除く。)は行わない旨合意しております。

また、当社の株主である株式会社リクルートホールディングス、柴田洋一、金澤友洋、大貫徹、土屋佳之、齊藤邦雄、中谷敏之、太田航、山村広臣、北田剛、髙岡利臣、堀之内健及び中村文哉は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の2018年3月20日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等を行わない旨合意しております。



ロックアップは90日間(2018年3月20日)、ロックアップ解除倍率は1.5倍となっています。
ストックオプションは852,600株となっています。
最短で2018年4月からとなっているため上場時には関係がありません。発行価格は500円です。


私は、ベンチャーキャピタル売り抜け案件なので不参加予定です。しかも東証2部なので買い需要は低いでしょう。
目論見には下記も掲載されていました。


主要な子会社であるプレミアファイナンシャルサービス株式会社は、2007年7月31日に、中古車卸売業を営む株式会社ガリバーインターナショナル(現株式会社IDOM、東京都千代田区、代表取締役社長:羽鳥由宇介)の新規事業として、完全孫会社として設立されました。資金調達力の向上及びクレジット事業・ワランティ事業の伸長のため、2010年7月にはSBIホールディングス株式会社(東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾吉孝)の完全子会社、2013年3月には丸紅株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:國分文也)の完全子会社であるアイ・シグマ・キャピタル株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:安田和裕)が管理・運営するファンドの完全子会社となりました。その後、更なる成長の機会を求めて当社の子会社となり、現在に至っております。



子会社がIDOMさん系列立ち上げでぐるぐる回されて現在に至るようです。
株主名簿にはSBIホールディングスや丸紅の名前は無いようです。
私は別の銘柄に注力したいと考えています!

営業収益約79億円で四半期利益が8.5億円は評価できますが、気持ちが動きませんね。


「イオレ」「みらいワークス」IPO主幹事のSBI証券 ネット証券でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します


IPO初値予想記事 | 【2017-11-16(Thu) 09:03:03】 | Trackback:(0) | Comments(-)
【株数があり得ない】 オプトラン(6235)IPO新規上場承認
オプトラン(6235)IPOが新規上場承認されました。

ニッチ分野ですが業績は悪くありません。
しかし株数と吸収金額を考えると初値売却益はあまりでないと感じています。
仮条件が発表されたタイミングでBBに参加するのかを考えたいと思います!


オプトラン(6235)IPO新規上場承認


業種:機械
市場:東証1部又は2部
公開予定:12月20日
BB期間:12月05日~12月11日


【事業内容】
光学部品等表面に各種機能膜を成膜(コーティング)する光学薄膜装置の製造・販売



【資金使途】
手取概算額6,119,000千円及び「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当による自己株式処分の手取概算額上限1,576,600千円については、受注拡大に伴う「イオンソース」、「電子銃」等の原材料等の仕入に充てることを目的として金融機関から借り入れた短期借入金139億円の返済資金の一部として、2018年3月までに充当する予定であります。

1.イオンソースとは、イオンビームを照射する装置を言います。ガス化した蒸着材料にイオンビームを照射することにより基盤まで運び、基板上の成膜面に叩きつけます。叩きつけることにより膜の結晶性や膜密度が良い薄膜が可能となります。
2.電子銃とは、電子ビームを放電する装置を言います。固形の蒸着材料を溶かし、ガス化させるために使用します。



100株単位
公募株数 4,200,000株
売出株数 3,000,000株
合計株数 7,200,000株(72,000枚)   ←流石に申込めば当選でしょう
 

想定価格 1,460円 ⇒ 14.6万円必要!
仮条件  12月01日に決定予定
公開価格 12月12日に決定予定


【幹事団】
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券  カブドットコム証券
みずほ証券
野村證券
むさし証券
岡三証券   岡三オンライン証券
SBI証券




オプトラン(6235)上場評判とIPO分析


オーバーアロットメントによる売出し1,080,000株
想定発行価格1,460円を基に吸収金額を算出すると約105億円、オーバーアロットメントを含めると約120.9億円です。
オプトランHP⇒ http://www.optorun.co.jp/


オプトラン(6235)IPO初値予想 THEO LENDEX
↑クリックで拡大します      ⇒ ETF投資のチャンスかも?(テオ)


オプトラン(6235)上場評判とIPO分析


光学薄膜装置の製造・販売を主要な事業としている企業です。
光学薄膜とは、レンズ等の各種光学部品の表面にコーティングを施し、コーティングの材料により異なる機能(例:反射防止、赤外線カット等)を持たせることを指すそうです。


光学薄膜技術の応用分野は、携帯電話・プロジェクター等のデジタル家電から、近年ではスマートフォンタッチパネル・カメラレンズ、LED照明等に市場が拡大してきましたが、これからは、IoT関連で市場の成長が期待される生体認証、車載、VR/ARや半導体光学融合に取り組んでいくそうです。



オプトラン(6235)従業員と株主の状況


会社設立1990年8月25日、埼玉県川越市竹野に本社を構えます。
社長は林為平氏(60歳)、株式保有率は2.32%です。
従業員数は67人で平均年齢38.3歳、平均勤続年数8.8年、平均年間給与約917万円と高額です(連結従業員数は600人)


オプトラン(6235)IPO株主の状況
↑クリックで拡大します       ⇒ シストレ24 限定タイアップ



オプトラン(6235)のロックアップ状況と私見


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人である当社の株主、売出人、貸株人かつ取締役である孫大雄、並びに当社の株主、売出人かつ取締役である林為平及び高橋俊典、並びに当社の株主、売出人かつ執行役員である宮健、奚建政及び範賓、並びに当社の株主かつ売出人である株式会社アルバック、JSR株式会社、肖連豊、唐健及び小泉達也、並びに、当社株主の浙江水晶光電科技股份有限公司、大和PIパートナーズ株式会社、Cernobbio Investment Ltd、理研電線株式会社、株式会社オハラ、MORGAN STANLEY & CO. INTERNATIONAL PLC、オムロン株式会社、DCIハイテク製造業成長支援投資事業有限責任組合、東京都ベンチャー企業成長支援投資事業有限責任組合、株式会社三菱東京UFJ銀行及び他37名は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後90日目(2018年3月19日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及び売却価格が本募集等における発行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う株式会社東京証券取引所取引での売却等を除く。)を行わない旨を合意しております。



ロックアップは90日間((2018年3月19日)、ロックアップ解除倍率は1.5倍です。
ストックオプションも調べてみましたが、3,456,000株もあります。
行使期限は2018年1月21日からなので上場日には関係がありませんが、発行価格は310円となっています。


ここにきて機械ですか?と言った感じに考えています。
上場日が12月20日なのでそろそろ今年のIPOも終わりに近づいています。
個人的な見解ですが、業績が良いことを考慮しても公開価格前後の初値ではなかろうかと考えています。


上場時発行株数は44,358,000株となり、吸収金額は約647.6億円になります。
東証1部になる見込みが非常に高いと思いますが、パスでも良いかな~と考えています。
翌日の上場も大量株が控えているプレミアグループ(7199)もあり、不安ですね。


幹事構成からも公開価格を割らないような雰囲気が伝わってきますが、利益を取りに向かう銘柄でもない気がします。


主幹事をすると初値が高騰傾向に? ネット応募が可能になりチャンス
東海東京証券
 new008_12.gifnew008_12.gif

※東海東京証券のIPO抽選ルール詳細はこちら


IPO初値予想記事 | 【2017-11-15(Wed) 20:28:05】 | Trackback:(0) | Comments(-)
みらいワークス(6563)IPOが新規上場承認 | マザーズでSBI証券凄い!
みらいワークス(6563)IPOが新規上場承認されました。

SBI証券主幹事のマザーズ案件がまた来ました!
しかも株数が24万株弱しかない業績好調のIPOです。これは初値期待が出来そうです。


みらいワークス(6563)IPO新規上場承認


業種:サービス業
市場:東証マザーズ
公開予定:12月19日
BB期間:12月01日~12月07日


【事業内容】
コンサルタントのビジネスマッチングサービス「FreeConsultant.jp」の運営等



【資金使途】
手取概算額240,676千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限37,447千円と合わせた手取概算額上限278,123千円について、バックオフィス業務の効率化によるコスト削減のため、ソフトウエアの開発のための開発委託費及び人件費として20,000千円(平成30年9月期)、営業業務の移動の効率化と採用促進を図るため、オフィス移転費用として35,000千円(平成30年9月期)を充当する予定であります。また、競争力の維持及び売上成長のための人材の採用育成費等の運転資金として223,123千円(平成30年9月期)を充当する予定であります。



100株単位
公募株数 170,000株
売出株数 44,000株
合計株数 214,000株(2140枚)  ←株数が少ないため初値高騰か?


想定価格 1,590円 ⇒ 15.9万円必要!
仮条件  11月29日に決定予定
公開価格 12月08日に決定予定


【幹事団】
SBI証券(主幹事)    ←早めに口座を作っておきたい
みずほ証券
松井証券
マネックス証券   ←完全平等抽選
藍澤證券
岩井コスモ証券
SMBCフレンド証券
岡三証券     岡三オンライン証券
極東証券
東洋証券


みらいワークス(6563)上場評判とIPO分析


オーバーアロットメントによる売出し25,600株
想定発行価格1,590円を基に吸収金額を算出すると約3.4億円、オーバーアロットメントを含めると約3.8億円です。
みらいワークスHP⇒ https://mirai-works.co.jp/


みらいワークスIPO初値予想
↑クリックで拡大します      ⇒ 利回り10%以上の海外投資を実行


みらいワークス(6563)上場評判とIPO分析



ハイスペック層の個人に特化したプロフェッショナル人材サービスを提供している企業です。
調べていると目論見に唖然とした言葉が・・・


プロフェッショナル人材向けサービス事業とは、顧客企業と当社で業務委託もしくは人材派遣の契約を締結し、当社はその業務を、当社に登録しているプロフェッショナル人材へ再委託、あるいは当社で有期雇用をして顧客企業へ人材派遣を行う事業です。顧客企業からの依頼は、要件定義から基本設計までの基幹システム開発、戦略策定やPMO(注3)及びIT、業務改善コンサルティング等の案件が多く、当社では、顧客企業から発注される人月単価が100万円から200万円といった、ハイスペック層の個人に特化したサービスを提供しております。原則的にはフルタイムの参画で、稼働期間は3~6ヵ月程度が中心となっております。また、顧客企業より依頼があれば、有料職業紹介サービスとして正規雇用の採用支援も行っております。



人月単価が100万円から200万円とは一人なのだろうか?
気になり給与を調べると年間平均給与509万円となっています。従業員給与はぼちぼちでした。


私には解らない世界ですが、日本でもフリーランス(企業に雇用されない働き方)が増えているため、個人でも優秀な方が多くなっているそうです。
フリーランスのデメリットは不安定な給与でしょう。


【みらいワークスの特徴】
1.ハイスペック層に特化した人材サービス
2.低価格で迅速なサービス提供
3.プロフェッショナル人材のフォロー体制



運営しているサイト「FreeConsultant.jp」は登録者数5,700名超、案件を獲得している会社数は665社超と実績が積みあがっています。
今後の事業拡大には、プロフェッショナル人材の確保が必要不可欠となる点は注意が必要でしょう。ウェブサイトは3つ運営しています。



みらいワークス(6563)従業員と株主の状況


会社設立は2012年03月、東京都渋谷区恵比寿に本社を構えます。
社長は岡本祥治氏(41歳)、株式保有率は63.86%です。
従業員数は28人で平均年齢は36.8歳、平均勤続年数1.5年、平均年間給与約509万円です。


みらいワークス(6563)従業員と株主の状況 キムさんタイアップ_0529
↑クリックで拡大します      ⇒ ヒロセ通商で現金と食材が貰えます



みらいワークス(6563)のロックアップ状況と私見


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である岡本祥治、売出人である株式会社中田康雄事務所、ならびに当社株主である品川広志及び三木浩は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年3月18日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等は行わない旨合意しております。
 売出人である佐藤卓也は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年3月18日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。



ロックアップは90日間(平成30年3月18日)、ロックアップ解除倍率は1.5倍です。
ベンチャーキャピタル保有株は少ないため安心感があります。
ストックオプション総数は158,750株あり、細かく行使条件が記載されています。このうち120,000株が行使期限を迎えています(発行価格900円)


株数が少ないため人気になると思いますが、当選するにはIPOチャレンジポイントを使わないと難しいでしょう。
久しぶりに松井証券が幹事に入っていますね~
某サイトではポイントの話になると思いますが、人任せではなく自分で判断をしましょうね。


みらいワークス(6563)IPO主幹事のSBI証券! ネット証券の中でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します


IPO初値予想記事 | 【2017-11-14(Tue) 20:08:56】 | Trackback:(0) | Comments(-)
100万株で当選? 歯愛メディカル(3540)IPO新規上場承認
歯愛メディカル(3540)IPOが新規上場承認されました。

TOKYO PRO Marketに上場していた銘柄ですが上場廃止後、JQSへ上場する流れです。
SMBC日興証券が主幹事をするため抽選期待も高まります。業績も良いため期待できるかもしれません!


歯愛メディカルIPO初値予想


業種:卸売業
市場:JQS(ジャスダックスタンダード)
公開予定:12月18日
BB期間:12月01日~12月07日


【事業内容】
当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社歯愛メディカル)及び連結子会社3社及び非連結子会社1社により構成されており、歯科医院や歯科技工所を中心に、各種医療機関への通信販売等を主たる業務としております。

まとめると⇒ 医療関係者向け通信販売事業等



100株単位
公募株数 1,000,000株
売出株数 0株
合計株数 1,000,000株(10,000枚)   ←当選が狙えます


想定価格 3,210円 ⇒ 32.1万円必要!
仮条件  11月30日に決定予定
公開価格 12月08日に決定予定


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)    ←必須口座です
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券    カブドットコム証券
フィリップ証券
SBI証券        SBI証券でIPOチャレンジポイントを貯める



歯愛メディカル(3540)上場評判とIPO分析


オーバーアロットメントによる売出し100,000株
想定発行価格3,210円を基に吸収金額を算出すると約32.1億円、オーバーアロットメントを含めると約35.3億円になります。
歯愛メディカルHP⇒ http://www.ci-medical.co.jp/


歯愛メディカル(3540)上場評判とIPO分析 岡三オンライン証券タイアップ
↑クリックで拡大します       ⇒ ヒロセ通商で現金と食材が貰えます


歯愛メディカル(3540)IPO初値分析


歯科医院や歯科技工所を中心に、各種医療機関への通信販売を行っている企業です。
全国およそ6万軒の歯科医院に納品し、歯科業界での歯ブラシ販売本数、また歯科通販売上高ではトップシェア(「アールアンドディ」歯科業界における通信販売の動向調査資料:「歯科機器・用品年鑑2017年版」より)となっています。


歯科医院向け通販カタログ「Ciメディカル」では、国内外のメーカー仕入品及び、自社開発商品合わせて30,000以上の歯科材料を掲載、Ciメディカルの売上は、平成29年7月31日現在、全売上の約82.4%を占めており、主に、グローブ、マスクなどのディスポ商品、インスツルメント、歯科用医薬品等の提供を行っています。


その他、クリニック向け通販カタログ『nurse+care』
歯科技工所向け通販カタログ『DENTAL LABO』
動物病院向け医療材料・医薬品通販カタログ『Vet』
介護施設・福祉施設向け通販カタログ『FreshCare』
病院・一般診療所向け通販カタログ『メディカルカタログ』
歯科医院向け通販カタログ『デミライン歯科医院用カタログ』
歯科医院の患者様など個人向けの通販サービス『デンタルフィット』などがあります。




歯愛メディカル(3540)従業員と株主の状況


会社設立は2000年01月05日、石川県白山市鹿島町に本社を構えます。
社長は清水清人氏(57歳)、株式保有率は60%です。
従業員数は179人で臨時雇用者数が315人、平均年齢36.7歳、平均勤続年数3.8年、平均年間給与約406万円です。


歯愛メディカル(3540)株主状況



歯愛メディカル(3540)のロックアップ状況と私見


【ロックアップの状況】
引受人の買取引受による売出しに関し、売出人である清水清人及び当社株主であるエア・ウォーター株式会社は、SMBC日興証券株式会社(主幹事会社)に対して、当社普通株式に係るTOKYO PRO Marketからの上場廃止日の翌日である平成29年12月18日に始まり、JASDAQ上場(売買開始)日から起算して180日目の平成30年6月15日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、平成29年12月18日時点で自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含みます。)の売却等を行わない旨を約束しております。



ロックアップは180日間(平成30年6月15日)、ロックアップ解除倍率の記載はありません。
ベンチャーキャピタル出資もありません。
ストックオプションも調べると採用されていません!


株主が上記2人となっているため解りやすい株主構造です。


状況を見ながら当選を狙いに行くのか判断を迫られそうですが、当選確率が高いため期待したいと思います。
結局は通信販売を医療機関向け(主に歯科)に行っている企業ですが、取引先が医療機関向けになり貸倒などのリスクは低いと考えられます。
商品は高品質な国内生産品や低価格な海外生産品を用意できるそうです。


歯愛メディカル(3540)IPO主幹事です! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2017年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業です 【岡三オンライン証券】 new008_12.gif


IPO初値予想記事 | 【2017-11-14(Tue) 14:52:43】 | Trackback:(0) | Comments(-)
すららネット(3998)IPO新規上場承認 | 株数が少なく期待できるIPO
すららネット(3998)IPOが新規上場承認されました。

東証マザーズに上場する銘柄で公開株数が少なく、ITを使っているオンライン学習教材サービスを行っている企業です。ビッグデータ活用や人工知能(AI)の集積、さらには発展途上国の教育質的向上を図るため同社サービスが使われています。


すららネット(3998)IPO新規上場承認


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:12月18日
BB期間:11月30日~12月06日


【事業内容】
当社は、主に小学校・中学・高校生を対象としている学習塾や学校等に対して、オンライン学習教材「すらら」サービスの提供を行っております。また、「すらら」を導入する顧客に対して、「すらら」を活用した教育カリキュラムの提案や独立開業の各種支援、無料勉強会の定期開催等による各種経営支援サービス、他社とのコラボレーションによるコンテンツの提供等を行っております。

まとめると⇒ オンライン学習教材「すらら」サービスの提供



【資金使途】
差引手取概算額197,448千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限63,248千円と合わせた、手取概算額合計上限260,696千円について、オンライン学習教材「すらら」サービスに係るコンテンツやシステムの新規開発・機能強化のための設備投資資金、並びに事業拡大のための運転資金(人材採用費及び人件費並びに広告宣伝費)に充当する予定であり、その具体的な内容は以下の①、②に記載のとおりであります。

① オンライン学習教材「すらら」サービスに係るコンテンツやシステムの新規開発・機能強化のための設備投資資金として、平成30年12月期において、100,000千円を充当する予定であります。自社コンテンツの新規開発及び既存のサービスの機能強化、サーバー等のシステムインフラの維持・改善等を目的としております。

② 事業拡大のための運転資金として、平成30年12月期において、人材採用費に2,800千円及び人件費に50,000千円、並びに当社の認知度を高め契約数を増加させるためのプロモーション活動等に係る広告宣伝費に69,000千円を充当する予定であり、残額を平成31年12月期における広告宣伝費に充当する予定であります。



100株単位
公募株数 110,000株
売出株数 115,000株
合計株数 225,000株(2250枚)  ←株数が少ない


想定価格 2,040円 ⇒ 20.4万円必要
仮条件  11月28日に決定予定
公開価格 12月07日に決定予定


【幹事団】
みずほ証券(主幹事)
SMBC日興証券    ←口座が無い方は勿体ないです
大和証券
SBI証券
岩井コスモ証券
マネックス証券    ←完全平等抽選を採用しています



すららネット(3998)上場評判とIPO分析


オーバーアロットメントによる売出し33,700株
想定発行価格2,040円を基に吸収金額を算出すると約4.6億円、オーバーアロットメントを含めると約5.3億円です。
すららネットHP⇒ http://surala.jp/


すららネット(3998)IPO初値予想
↑クリックで拡大します    穴場証券⇒ 立花証券東海東京証券


すららネット(3998)IPOフィスコ


どのような子どもたちにも最適な「教育の機会」を提供することを目指し、eラーニングによる教育サービスの提供とその運用コンサルティングサービスの提供を行う事業を展開しています。


オンライン学習教材である「すらら」サービスの提供をし、すららを利用した、教育カリキュラムの提案や独立開業の各種支援、無料勉強会の定期開催等による各種経営支援サービスを行っています。


教材は、タブレット端末等のスマートデバイスに対応し、海外マーケットにつきましては、独立行政法人国際協力機構(JICA)から採択を受けた各種事業等を契機としてスリランカやインドネシアでの当社のサービスの利用が始まっており、平成29年9月30日現在、スリランカやインドネシア、インドにおける導入校数は20校となっています。



すららネット(3998)従業員と株主の状況


会社設立は2008年08月、東京都千代田区内神田に本社を構えます。
社長は湯野川孝彦氏(57歳)、株式保有率は23.13%です。
従業員数は26人で臨時雇用者は6人、平均年齢は34.4歳、平均勤続年数3.5年、平均年間給与約515万円です。


すららネット(3998)従業員と株主の状況
↑クリックで拡大します       ⇒ 利回り10%以上で海外投資しています



すららネット(3998)のロックアップ状況と私見


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人である湯野川孝彦、売出人であるGlobis Fund III, L.P.及びGlobis Fund III (B), L.P.、当社株主である柿内美樹、株式会社マイナビ、株式会社ベネッセホールディングス、凸版印刷株式会社、ドコモ・イノベーションファンド投資事業組合、山下梢、竹内淳子、藤岡一紀、藤岡早智、数藤剛及び中野貴子、並びに当社新株予約権者であり当社の従業員である坂本由香理、久保田航、藤平朋子及び一瀬今日子は、

主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の平成30年3月17日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。



ロックアップは90日間(平成30年3月17日)まで、ロックアップ解除倍率1.5倍となっています。
マイナビやベネッセホールディングス(9783)、凸版印刷(7911)などの株主名が目に留まります。
強気に申込んで問題ないと個人的に思うため全力申込ですね。


上場承認が過熱化しているさなか、同じ銘柄の承認記事を2つ書いてしまいました(汗)
そのため記事が遅れてしまいました。
さらに、12月半ばには更新が数日止まる予定です(あくまで予定です)
拡張子や自由度も関係があり、サーバー移動を考えています。余談でした~


12月18日上場銘柄は複数ありますが、不安になる銘柄は少ないみたいです。
12月13日~15日の間に今年のIPO利益を押し上げることができるのか決まりそうな気がしています。
なんとか200万円の利益は達成したいと個人的に考えていますが・・・


岡三オンライン証券はIPO抽選に資金が要らない! 入金だけで5,000円貰える
岡三オンライン証券
岡三オンライン証券IPO

※岡三オンライン証券タイアップ詳細とIPO抽選詳細


IPO初値予想記事 | 【2017-11-14(Tue) 12:02:20】 | Trackback:(0) | Comments(-)
ジーニー(6562)IPO新規上場承認 | 赤字上場でも人気なのか?
ジーニー(6562)IPOが新規上場承認されました。

アドテクノロジー領域において独自サービスを展開している企業ですが、赤字見込みのようです。
大手取引先にはヤフーやグーグルなどがあるようなので初値期待はできるとは思いますが、微妙案件なのかも?


ジーニー(6562)IPO新規上場承認


業種:サービス業
市場:東証マザーズ
公開予定:12月18日
BB期間:11月30日~12月06日


【事業内容】
当社グループは、「アドテクノロジーで世界を変える。」というミッション(理念)のもと、当社が独自開発したインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP」を主軸にアドテクノロジー事業を展開しております。また、「GenieeSSP」が持つ大量の広告配信データと顧客基盤を活かし、広告主向けの「GenieeDSP」、「GenieeDMP」といったアドソリューションのほか、マーケティングオートメーションツール「MAJIN」の提供を開始するなど、事業領域を拡大しております。さらに、平成24年(創業3年目)から海外事業展開に着手し、サービス提供地域の拡大を図っております。

まとめると⇒ インターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP」を主軸としたアドテクノロジー事業



【資金使途】
手取概算額1,139,215千円については、「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限220,214千円と合わせて、アドテクノロジー事業における今後の成長のための①設備資金及び②運転資金、③借入金返済として以下のとおり充当する予定であります。



100株単位
公募株数 1,023,000株
売出株数 285,000株
合計株数 1,308,000株(13,080枚)   ←株数が多いです!


想定価格 1,220円 ⇒ 12.2万円必要!
仮条件  11月28日に決定予定
公開価格 12月07日に決定予定


【幹事団】
野村證券
SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券   カブドットコム証券
大和証券
SMBC日興証券
いちよし証券



ジーニー(6562)上場評判とIPO分析


オーバーアロットメントによる売出し196,200株
想定発行価格1,220円を基に吸収金額を算出すると約16億円、オーバーアロットメントを含めると約18.4億円です。
ジーニーHP⇒ https://geniee.co.jp/



ジーニー(6562)IPO初値予想 立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション
↑クリックで拡大します     ⇒ SBI証券で個人型確定拠出年金をまとめました


独自開発したインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP」を主軸にアドテクノロジー事業を行っている企業です。
GenieeSSPが持つ大量の広告配信データと顧客基盤を活かし、広告主向けの「GenieeDSP」、「GenieeDMP」といったアドソリューションのほか、マーケティングオートメーションツールMAJINの提供を開始するなど、事業領域を拡大しています。


ジーニーIPO利益の仕組み


1.アド・プラットフォーム事業では
「GenieeSSP」(インターネットメディア事業者向けサービス)
「GenieeDSP」(広告主・アドネットワーク事業者向けサービス)
Googleプロダクト(インターネットメディア事業者向けサービス)

2.マーケティングオートメーション事業では
「GenieeDMP」(インターネットメディア事業者向けサービス、広告主・アドネットワーク事業者向けサービス)
マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN(マジン)」(インターネットメディア事業者向けサービス、広告主向けサービス)



ジーニー(6562)従業員と株主の状況


会社設立は2010年04月、東京都新宿区西新宿に本社を構えます。
社長は工藤智昭氏(36歳)、株式保有率は38.84%です。
従業員数は149人、平均年齢29.6歳、平均勤続年数2.1年、平均年間給与約586万円です。


ジーニー(6562)従業員と株主の状況
↑クリックで拡大します



ジーニー(6562)のロックアップ状況と私見


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人及び貸株人である工藤智昭、売出人である廣瀬寛及び吉村卓也は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年3月17日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)を行わない旨合意しております。

当社株主であるソフトバンクグループインターナショナル合同会社、AT-Ⅰ投資事業有限責任組合、トランス・コスモス株式会社、NICE SATISFY LIMITED、Fenox Venture Company Ⅸ, L.P.、YJ1号投資事業組合、PT. Metra Digital Investama及びみずほ成長支援投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年3月17日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う売却等は除く。)を行わない旨合意しております。

また、当社株主であるジーニー従業員持株会は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成30年6月15日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等を行わない旨合意しております。



ロックアップは90日間(平成30年3月17日)、ロックアップ解除倍率1.5倍です。
ベンチャーキャピタル保有株数も多いようです。
個人的には当選チャンスだと思いますが、業績が引っかかります。


フィスコなどの大手予想が出てきてから考えてもよいと思います。
数年後には化ける銘柄なのかもしれません。
上場日に複数の銘柄と被っているためよく考えて申し込みたいと思います。
穴場の銘柄だと思いますが、思ったほど当選しないかも?


ジーニー(6562)IPO幹事です!! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ


IPO初値予想記事 | 【2017-11-13(Mon) 20:44:01】 | Trackback:(0) | Comments(-)
いちよし証券キタ! ナレッジスイート(3999)IPO新規上場承認
ナレッジスイート(3999)IPOが新規上場承認されました。

いちよし証券主幹事案件がまた来ました!
公開株数が少なく人気の情報・通信業となっています。脳の記憶補助装置を開発する会社ってなんなんでしょうね。


ナレッジスイート(3999)IPO新規上場承認


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:12月18日
BB期間:11月30日~12月06日


【事業内容】
当社は「企業内に眠るビッグデータを可視化させ、生涯その企業において知識の変化に対応した脳の記憶補助装置」を開発することを企業ビジョンとし、社員が持つ知識や経験を共有することで、営業活動における効率化を目的としたクラウドサービスの開発及び販売を主たる事業としております。

まとめると⇒ クラウドコンピューティング形式で提供されるグループウェアを含むSFAやCRM等の営業支援システム開発・販売



【資金使途】
手取概算額433,420千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限81,035千円と合わせた手取概算額上限514,455千円について、「ナレッジスイート」を中心としたクラウドサービスの追加機能開発に係る開発の人件費に324,455千円、企業の知名度向上、見込み客獲得を目的とした広告宣伝費に42,000千円を充当する予定であります。また、設備資金として、クラウドサービスのサーバー等増強に係る設備費用に40,000千円、オフショア開発拠点の準備費用に30,000千円、営業の機動力向上を目的とした本社移転費用に78,000千円を充当する予定であります。




100株単位
公募株数 240,000株
売出株数 55,000株
合計株数 295,000株(2950枚)   ←株数が少なく魅力的


想定価格 2,000円 ⇒ 20万円必要!
仮条件  11月28日に決定予定
公開価格 12月07日に決定予定


【幹事団】
いちよし証券(主幹事)
SMBC日興証券
みずほ証券
SBI証券
マネックス証券  ←完全平等抽選です
エース証券
東洋証券
極東証券



ナレッジスイート(3999)上場評判とIPO分析


オーバーアロットメントによる売出し44,200株
想定発行価格2,000円を基に吸収金額を算出すると約5.9億円、オーバーアロットメントを含めると約6.8億円です。
ナレッジスイートHP⇒ https://ksj.co.jp/


ナレッジスイート(3999)IPO初値予想
↑クリックで拡大します      ⇒ THEO(テオ)の口座を開設しました


ナレッジスイート(3999)IPO導入モデル


ナレッジスイートは「企業内に眠るビッグデータを可視化させ、生涯その企業において知識の変化に対応した脳の記憶補助装置」を開発することを企業ビジョンとし、社員が持つ知識や経験を共有することで、営業活動における効率化を目的としたクラウドサービスの開発及び販売を主たる事業としています。


業績を確認すると売上は増加傾向にありますが、利益が不安定のようです。
公開価格を割るようなことは無いでしょうが、気にかけておきたいところです。


今では珍しくないクラウド事業を行っており、売り切り型のオンプレミス(パッケージソフトウエア)販売モデルと異なり、顧客企業に、常に最新のアプリケーションを提供しているそうです。
あまり詳しくないため何とも言えませんが、IPOでは人気の部類です。


【公式サイトより】
主にビジネスに必要なCRM/SFAを軸にグループウェア、マーケティングオートメーション、名刺管理サービスなどが全て連携統合された、中堅・中小企業向けの営業・マーケティング支援アプリケーションをクラウドにて提供しております。主に法人営業向け企業における販売活動を、潜在顧客の発掘(コンタクト)から、見込み客(リード)の獲得、見込み客の育成、該当担当者へのアプローチ、商談、案件化、解決策提案、受注といった一連のマーケティング・営業プロセスを個別定義し、各プロセスで効率化、標準化するための業務改善を支援する、個別最適化されたアプリケーションをオールインワンで提供





ナレッジスイート(3999)従業員と株主の状況


会社設立は2006年10月、東京都港区海岸三丁目に本社を構えます。
社長は稲葉雄一氏(49歳)、株式保有率30.44%です。
従業員数は49人、平均年齢33.7歳、平均勤続年数2.2年、平均年間給与約447万円です(臨時雇用者は1人)


ナレッジスイート(3999)従業員と株主の状況 キムさんタイアップ_0529
↑クリックで拡大します



ナレッジスイート(3999)のロックアップ状況と私見


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人であるスターティア株式会社、DBJキャピタル投資事業有限責任組合、ジェイズ・コミュニケーション株式会社、当社役員かつ貸株人である稲葉 雄一、当社株主かつ当社役員である飯岡 晃樹、岡原 達也及び柳沢 貴志、当社株主であるKDDI株式会社、ジャフコ・スーパーV3共有投資事業有限責任組合、稲葉 貴美子、株式会社エイジア、エクイニクス・ジャパン・エンタープライズ株式会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年3月17日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。



ロックアップは90日間(平成30年3月17日)、ロックアップ解除倍率1.5倍です。
VCにもロックアップが付与されています。


いちよし証券が主幹事を行い公開価格割れを起こしたことは無いように思うため、今回も参加します。
ちなみにサインポストも当選させて頂いているため次も期待したいと思います。
何度もそう簡単に当選するわけありませんが期待したいですね~


ナレッジスイートIPO幹事です!! 完全抽選で私も多数GET
マネックス証券

※マネックス証券の当選履歴などはこちらで確認


IPO初値予想記事 | 【2017-11-13(Mon) 19:08:13】 | Trackback:(0) | Comments(-)
クックビズ(6558)初値予想とIPO分析 | 人気IPOで争奪戦か?
クックビズ(6558)初値予想とIPO分析記事になります。

業績急拡大中の飲食業に特化した人材派遣企業です。
人材派遣IPOはここ2年ほど初値が高くなっているため今回も期待できそうです。求人情報サイトやSNSなども積極的に利用しています。


クックビズ(6558)初値予想とIPO分析


業種:サービス業
市場:東証マザーズ
公開予定:11月28日
BB期間:11月10日~11月16日


100株単位
公募株数 300,000株
売出株数 122,800株
合計株数 422,800株(4228枚)   ←そこそこ株数があります
※オーバーアロットメントによる売出し63,400株


想定価格 2,070円 ⇒ 20.7万円必要!
仮条件  2,070円~2,250円
公開価格 11月17日に決定予定です


【幹事団】
大和証券(主幹事)
野村證券
SMBC日興証券
SBI証券    ←そろそろ当選できるかも?
エース証券



クックビズ(6558)IPOの評判と分析


仮条件上限は想定発行価格から180円引き上げられ2,250円となりました。
市場からの吸収額は約9.5億円、オーバーアロットメントを含めて約11億円となります。


クックビズ(6558)IPO業績 立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション
↑クリックで拡大します       ⇒ クラウドクレジットに投資をしてみました


クックビズIPOの販売実績データ
↑クリックで拡大します       ⇒ 岡三オンライン証券にインタビューしてきました


飲食業界に特化した求人情報サイト「cook+biz」を運営している企業です。
当該サイトを通じて、コンサルタントを介した有料職業紹介を行う「人材紹介事業」及び求人情報を求職者に提供する「求人広告事業」を展開し、「その他事業」として飲食業界向け人材定着・育成にかかる研修サービス、料理人やシェフを中心としたSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を展開しています。


求人情報サイト「cook+biz」では、求人情報の拡充及びサイト利用者の利便性向上に加えて、費用対効果を踏まえた継続的な広告宣伝費の投下、SEOの推進及び外部ソーシャルメディアの活用や自社メディアによるコンテンツマーケティング等による集客拡大を推進し事業の拡大につなげているそうです。


ソーシャルネットワーキングサービス「Foodion」では、トップシェフのインタビュー発信や、お店で提供される料理やまかない等の写真共有を通じた会員同士が意見交換できる場の提供等を行っております。
売り上げ構成は、人材紹介事業70.2%、求人広告事業29.6%、その他0.2%です。



クックビズ(6558)IPO初値予想と幹事引受株数




クックビズ(6558)初値予想円4,800円



【幹事配分株数】
大和証券 380,800株
野村證券 12,600株
SMBC日興証券 12,600株
SBI証券 12,600株    ←そろそろ当選できるかも?
エース証券 4,200株



クックビズ(6558)IPOの上場類似企業


【業績等の概要】 平成27年12月01日~平成28年11月30日
売上高1,232,549千円(前年同期比78.1%増)
営業利益56,618千円(同52.6%増)
経常利益75,300千円(同19.1%増)
当期純利益は51,901千円(同12.8%減)

第10期第3四半期累計期間(平成28年12月01日~平成29年8月31日)
売上高1,480,385千円
営業利益173,095千円
経常利益182,956千円
四半期純利益は116,595千円



【類似企業】
エス・エム・エス(2175) PER43.42倍 PBR8.38倍
シンクロ・フード(3963) PER50.03倍 PBR8.11倍
クイック(4318) PER20.63倍 PBR4.6倍



クックビズ(6558)IPOのロックアップとストックオプション


ロックアップ期間は90日間、ロックアップ解除倍率は1.5倍です。
ベンチャーキャピタル保有株があるものの株数は40万株強となっており、人気で乗り越えられると思います。
ストックオプション総数は166,170株存在し、行使期限を迎えているのは116,000株です。発行価格は680円になります。
株主優待や株主配当金はありません。
 クックビズ(6558)IPO新規上場承認記事へ


EPS93.69を基にPERを算出すると約24倍、BPS-倍
上場時発行済み株式総数2,112,941株を基に時価総額を算出すると約47.5億円です。
2017年11月期の業績予想は売上67.6%増、経常利益353%増と凄い予想になっています!


IPOでは人材派遣は敬遠されがちでしたが、ここ2年ほどはあまり関係が無いように思います。
IPOでは企業の成長性が目に見て解ることで買い需要が発生するため上場日は人気でしょう。不安材料は無いため口座と資金の限り申し込むスタンスです。
当選したら、来年の旅行代に回したいと思います。ディズニーに行きたい・・・


最新の会社四季報が無料で見れる!! 穴場IPO証券的な存在
立花証券のストックハウス
立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション

※立花証券のIPO口座についてはこちら(四季報最新版)


IPO初値予想記事 | 【2017-11-12(Sun) 18:43:01】 | Trackback:(0) | Comments(-)
   次のページ

タイアップ企業特典付き
証券会社にインタビューしちゃいました!IPOについて突っ込んでます


岡三オンライン証券

ブログ観覧数

IPOキムさんロゴ
管理者のプロフィール
管理者にメールを送る

IPOキムtwitter

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

FISCOソーシャルレポーターに執筆中。フィスコやyahooファイナンス、その他大手メディアに記事配信中!

フィスコソーシャルレポーター みんかぶ(株探)
ヤフーソーシャルレポーター
zuu online

大手スマホアプリによる記事配信やLINE公式アカウントでFISCOを購読して頂くと別記事も見れます!!

LINEフィスコ IPOキムフェイスブック
News Republic(ニュースリパブリック)



メディア掲載されました


株主優待完全ガイド〔2017〕

フィスコ初値予想
「2017年夏号」

フィスコIPOキム

IPO投資特集IPOキム

IPOkimuメディア掲載

IPOキムメディア掲載

取材は随時お受けしております。お手数で御座いますが申込フォームよりご連絡をお願い致します。

■ 2013年のIPO当選実績表
■ 2014年のIPO当選実績表
■ 2015年のIPO当選実績表
■ 2016年のIPO当選実績表

地味に凄い証券会社なんです
カテゴリー別記事
IPO当選銘柄

2017年当選銘柄
森トラスト・ホテルリート投資法人
レノバ
ピーバンドットコム
ビーグリー
ソレイジア・ファーマ
オークネット
LIXILビバ×2枚
ソウルドアウト
三菱地所物流リート投資法人×2
テックポイント・インク×4
マネーフォワード×2
ウェルビー
SKIYAKI
サインポスト(未)
IPO利益 140万円


2016年当選銘柄
中本パックス
フィット
アグレ都市デザイン
ウイルプラスホールディングス
ハイアス・アンド・カンパニー
スターアジア不動産投資法人5口
タカラレーベン・インフラ投資7口
ホープ
アトラエ
バーチャレクス・コンサルティング
ベガコーポレーション
キャリア
インソース×3枚
リファインバース
マリモ地方創生リート投資法人
三井不動産ロジスティクスパーク7口
シルバーエッグ・テクノロジー
シンクロ・フード×2枚
G-FACTORY
マーキュリアインベストメント
九州旅客鉄道×14枚
アイモバイル×2枚
バロックジャパンリミテッド
IPO利益 294万円


2015年当選銘柄
ケネディクス商業リート投資法人
ヒューマンウェブ
ヘルスケア&メディカル投資法人2口
ファーストコーポレーション
Aiming×2枚
sMedio
デザインワン・ジャパン
冨士ダイス×2枚
メニコン×2枚
サムティ・レジデンシャル投資5口
ジャパン・シニアリビング投資法人
イトクロ
STUDIOUS
グリーンペプタイド×2枚
かんぽ生命保険×3枚
ゆうちょ銀行×13枚
日本郵政×4枚
あんしん保証×2枚
プロパティエージェント
ソーシャルワイヤー×3枚
ソネット・メディア・NW
ケイアイスター不動産×3枚
IPO利益 311万円 


2014年当選銘柄
ヒューリックリート×3口
アキュセラ・インク×7枚
日本BS放送
エンバイオ・ホールディングス
日立マクセル×5枚
ジャパンディスプレイ×9枚
ディー・エル・イー
サイバーダイン
インベスコオフィスJリート
ムゲンエステート×2枚
日本ビューホテル
AMBITION
リアルワールド
FFRI
ホットランド×2枚
アルファポリス
日本ヘルスケア投資法人
トーセイ・リート投資法人×7口
積水ハウス・リート投資法人×2口
クラウドワークス×2枚
gumi
綿半ホールディングス×5枚
カヤック×2枚
IPO利益 231万円


2013年当選銘柄
ビューティガレージ
鴻池運輸×4枚
アサンテ×7枚
タマホーム×7枚
サンヨーホームズ
オークファン
野村不動産マスター×6口
ペプチドリーム
ジェイエスエス
サントリー食品IN
夢展望
N・フィールド
オープンハウス×2枚
エナリス×10枚
イオンリート×2口
じげん×5枚
アライドアーキテクツ
アビスト
シグマクシス
足利ホールディングス×2枚
IPO利益 422万円 


2012年当選銘柄
マックスバリュ九州
アイスタイル×5枚
ライフネット生命
エイチーム
モブキャスト
ワイヤレスゲート
日本航空×3枚
日本コンセプト
enish
アジュバンコスメジャパン
コロプラ
シュッピン
地盤ネット
IPO利益 136万円


2011年当選銘柄
カルビー×5枚
DMP
モルフォ
ポールHD
菊池製作所
ネクソン
ミサワ×2枚
IPO利益 51万円
その他投資関係 240万円


2010年当選銘柄
エスクリ
大光
セルシード
第一生命保険×14枚
アイケイケイ×2枚
イー・ガーディアン
大塚HD×3枚
日本メディカルNC
IPO利益 53.5万円
その他投資関係 371万円


2009年当選銘柄
JCLバイオアッセイ
SHO-BI×3
DWTI
日本海洋掘削
IPO利益 24.2万円
その他投資関係 294万円


2008年当選銘柄
セブン銀行×2
アクセルマーク
テックファーム
データホライゾン
グリー
IPO利益 22万円
その他投資関係 141万円


2007年当選銘柄
藤商事
免疫生物研究所
シスウェーブ
マネーパートナーズ×2
ナインユー×2
サムティ
チャイナ・ボーチー×3
テクノアルファ
エーディーワークス×2
ユビキタス×2
IPO利益 153万円
その他投資関係 60万円


2006年当選銘柄
SRIスポーツ
ゼットン
あおぞら銀行
ヒラキ
マルマエ
IPO利益 45.2万円
その他投資関係 無し

検索フォーム